2020-07-24

TOKIO・長瀬智也ジャニーズ事務所を退所 TOKIO再集結はあるのか?

TOKIO・長瀬智也ジャニーズ事務所を退所 TOKIO再集結はあるのか?
22日ジャニーズ事務所が、TOKIO・長瀬智也さん(41歳)が来年3月末をもってジャニーズ事務所を退所することを正式に発表しました。事前に何かしらの発表がTOKIOからなされることが判明していたのですが。以前から噂されていた長瀬智也さんの事務所退所が現実のものとなりました。

この記事では長瀬智也さんのプロフィール、経歴を踏まえジャニーズ事務所を退所するに至った経緯を解説します。

長瀬智也さんのプロフィール、経歴

長瀬智也さんのプロフィール、経歴

氏名 長瀬智也(ながせともや)
生年月日 1978年11月7日
出身地 神奈川県
身長 182 cm
血液型 O型
事務所 ジャニーズ事務所

長瀬智也さんがジャニーズ事務所に入所したのは、姉が内緒で履歴書を送っていたことがきっかけのようです。その結果、1991年の当時13歳の時に入所することとなります。

それから1994年にはTOKIOのメンバーとなり、、ボーカリストとして「LOVE YOU ONLY」でCDデビューを果たします。TOKIOはジャニーズの中でも珍しいバンドでのグループアイドルで、デビューから2ヶ月後には日本武道館でコンサートを行なっています。

そして、デビューから3ヶ月10日という当時の史上最速記録でNHK紅白歌合戦に初出場という輝かしいスタートダッシュを切ります。長瀬さんはTOKIO以外にもソロでの音楽活動もしていたり、関ジャニ∞の楽曲「ドヤ顔人生」の作詞、作曲、編曲を手掛けたりと音楽の才能を発揮します。

音楽面以外にも、俳優として数々のドラマ、映画にも出演し演技面でも高い評価をされています。特に、主演を演じることが多く印象に残る演技でカッコよいと評判です。

その他にも多数のバラエティ番組に出演し、「ザ!鉄腕!DASH!!」などで男らしい姿をみせ、同性からも尊敬されるマルチな才能を持っている男性アイドルとして人気を誇っていました。

長瀬さんのジャニーズ事務所退所発表


22日長瀬さんは来年3月末を以ってジャニーズ事務所を退所することを正式発表し、今後については「少年時代にジャニーから教えられた“人の個性を大切にする”という考え方のもと、長年にわたって培ってきた表現者としてのクリエイティビティ―を活かし、他事務所に属することなく、裏方としてゼロから新しい仕事の形を創り上げていくことになりました」と説明しています。

長瀬さん退所後、TOKIOのメンバーである城島茂さん(49歳)、国分太一さん(45歳)、松岡昌宏さん(43歳)の3人で来年4月1日に「株式会社TOKIO」を設立、ジャニーズグループ関連会社として運営をするとのことです。

城島さんが社長、国分さんと松岡さんは副社長として経営に携わるそうです。「ジャニーが命名したTOKIOという看板は今後も背負った形で、グループと個人の仕事を今まで以上に自由度高く、新しい仕事に積極的に挑んでいきます」と説明しています。

長瀬さんはファンクラブで自身のコメントを発表しました。そのコメントの一部抜粋したものが以下になります。

最高のメンバーと幾つもの作品を共に作っていく中で自分達にしか出来ないモノを見つけることが出来たような気がします。そして応援してくださった皆さんのおかげで26年間成長することが出来て、その間に生まれた沢山の作品はこれからもずっと僕らの宝物です。

5つの楽器の音となんて事のない言葉だけで心を動かすバンドの素晴らしさをジャニーさんが教えてくれました。そしてTOKIOを育ててくれたプロデューサーにも敬意を感じてます。どんな時も妥協せず一緒に頑張ってくれたメンバーや関係者、スタッフの方々に心から感謝しています。

彼らが教えてくれた全てのことを大切に、来年の3月をもって芸能界から次の場所へ向かいたいと思います。皆様にはその時まで温かく見守っていただけたら幸いです。また何処かでお会い出来たら、僕のやりたかった事を分かって頂けるよう邁進するだけです。

最後になりますが、これからもTOKIOは存続します。皆様の変わらぬ応援を勝手ながらよろしくお願いします。これまでの30年間、皆様に愛されて人生で1番幸せな時間を過ごすことが出来ました。

城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんのコメントは以下です。(一部抜粋)

この度、我々TOKIOは、長い時間をかけ様々な話し合いを重ねた結果、長年、共に歩んできました、メンバー長瀬智也の選んだ、新たな道に進む決断を尊重し、他のメンバー3人は彼の生き方、考え方を納得した上で、気持ち良く、彼を次の道に送り出す方向で話がまとまりました。

そして我々TOKIO3人は、先代の社長から頂いた、この「TOKIO」というグループ名を閉ざす事なく、弊社内ではありますが、自分達で新たな会社を設立し、今まで以上に活動拠点を広げ、1人1人がプロとして、プレイヤーとして、そして新たなTOKIOとして、新しい一歩を踏み出す事に決めました。

歩む道は変わりますが、どうかこれからも、長瀬智也、そして新たなTOKIOを応援して頂けたらこれ以上の幸せはありません。

二つのコメントを読むと、長瀬さんの事務所退所は円満での形であることが伝わってきます。

長瀬さんが退所を決めた時期と経緯は?

長瀬さんが退所を決めた時期と経緯は?
事務所からの長瀬さんの退所発表、3人での会社設立についての発表後、城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんの3人はメディアの取材に応じて今回の発表について語っています。

長瀬さんの対処の経緯に関しての質問に松岡さんは

「数年前から音楽制作の時などにやりたい方向性を出してくれていた。それがここ1年で固まったんでしょうね」

と答え、ソロ歌手として活動するのかと言う質問には

「違うと思います。音楽はやっていくと思うけど、何なんだろう。いろんなものに興味がある」

と回答しています。

TOKIOの元メンバーの山口達也さん(48歳)は2018年に、当時女子高生に対して強制わいせつの疑いで書類送検され、示談が成立したので起訴猶予処分となりましたが、山口さんからTOKIOからの脱退、ジャニーズ事務所退所を申し出て、2018年5月6日付で契約解除となっています。

その山口達也さんの影響があったのでは?と言う質問には

「(長瀬の脱退希望は)山口がいたときからなので、山口のことは、一切関係ない」
「山口がいたとしても(長瀬脱退は)今くらいの発表になった」

と回答しています。

会社設立で山口さんと長瀬さんが合流してTOKIOが再集結することはあるのかと期待をしている人も多いかと思いますが、山口さんと長瀬さんが会社に関わる可能性はあるのか?と言う質問に

今のところは考えていないですけど、関わることがあるかもしれませんし、ないかもしれない。絶対ないとは言えない

と松岡さんは曖昧に回答しています。

まとめ

tokio
TOKIOとして5人で長年活躍をし、国民から愛されるアイドルのTOKIOですが、一昨年に山口達也さんが脱退し、来年には長瀬智也さんも居なくなってしまいます。

ここ数年でジャニーズ事務所を退所する人気メンバーが多いですが、ジャニーさんの人望がそれだけ厚く愛されていたのでしょうか。今後の活動がどのようなものになるのか楽しみです。

関連記事