2020-02-01

【ビジネスマン必見】スーツを長持ちさせるお手入れ方法!

【ビジネスマン必見】スーツを長持ちさせるお手入れ方法!
ビジネスマンと言えばスーツが勝負服です。基本的には毎日着用するものなので、長持ちさせたいと思うのが普通です。そして、くたびれたスーツを着てしまうのもビジネスマンとして印象が悪くなってしまいます。

そのどちらも解消するためには日頃からスーツの手入れをしておくことがポイントとなります。仕事が終わって帰宅するとスーツを脱いでハンガーにかけるだけというのはスーツにも負荷をかけてしまいます。

カッコ良いビジネスマンとしてスーツの着こなしは大事なので、この記事ではスーツを美しく長持ちさせるためのお手入れ方法を紹介していきたいと思います。

スーツを着た後の毎日のお手入れ方法

スーツを着た後の毎日のお手入れ方法
スーツは毎日きるので、家に帰ってスーツを脱いだら毎日大事に扱いましょう。スーツは、1日着ただけでもダメージを受け、生地素材に汗などが染み込み、さらにホコリが付着して傷みの原因になります

まして連日のようにスーツを着て、そのまま放置し続けるとダメージはどんどん蓄積され、傷んでしまうのと同時に雑菌が増えて臭いを放つようになってしまうかもしれません。

このような状態を防ぐために、適切なお手入れを習慣化することを意識していきましょう。

ハンガーにかけるときのポイント

ハンガーにかけるときのポイント
まずハンガーにかける前にポケットの形が崩れないようにするためにポケットの中身は取り出します。それからハンガーにかけるのですが、ハンガーはジャケットのサイズに合った、前肩で厚みのあるものを選ぶと良いでしょう。

ハンガーもできればプラスチック製でなく、木製にするのをお勧めします。木は呼吸をすると湿気をとってくれるのでスーツの湿気をとり菌が繁殖するのを防いでくれます。

また、パンツはなるべくボトムハンガーを利用すると良いでしょう。裾の部分をハンガーに挟んで逆さまに吊るすと、パンツの重みを利用してしわをとる効果が期待できます。こちらもジャケット同様、木製のハンガーだと良いでしょう。

ブラッシングする

ブラッシングする
スーツは目が細かいため、着用している内に繊維の隙間に大量のゴミやホコリが詰まっていきます。

そのため、できれば着用後は毎回ブラシを使って、このゴミやホコリを取るようにしてください。小さなゴミや埃をそのままにしていると、虫の栄養となってしまい虫食いの原因にもなってしまいます。

またブラッシングを行うことで、寝てしまった生地がふんわりと膨らんでウールならではの光沢が出ます。ブラシは馬毛と豚毛などがありますが生地に合わせて使用しましょう。カシミアにも使える馬毛ブラシですと、生地が繊細な高価なスーツにも使用できるのでお勧めです。

ブラッシングの基本としては、襟⇨肩⇨裾の順番に軽く叩きながらゴミや埃を浮き上がらせましょう。その後、上から下に向かって手首を回転させながらブラッシングしていきます。

パンツは逆さまに吊るして裾から腰に向かってブラッシングしてください。この時に、襟の裏側やポケットの中なども見えない部分も忘れずにブラッシングしましょう。

細かく擦ると折り目や繊維の中にゴミや埃が入り込んでしまう可能性があるのでブラシは大きく払うように動かすのが良いでしょう。

できれば1日は休ませる

できれば1日は休ませる
スーツは直視日光の当たらない場所で保管するのが基本です。保存する時にはスーツカバー、なければタオルなどをかけておくと汚れを防止することができます。

またスーツは1日きたら1日は陰干しをすることでスーツの長持ち具合は全然変わってきます。生地に汗などが染み込んでしまうので陰干しをして水分を飛ばすと良いでしょう。きちんとスーツを休ませないと生地や芯材を痛めてしまう他、匂いやカビの原因にもなってしまいます。

シーズンが変わって長期保存する際は不織布や防虫カバーをしっかりとかけて保管しておくのがお勧めです。

スーツに匂いやシワがついた場合

スーツに匂いやシワがついた場合
ビジネスマンは会社、取引先との付き合いで食事に行く機会も多いでしょう。そこで気になるのは臭いやシワです。放っておく訳にもいきませんし、毎回クリーニングに出すのも時間とお金が勿体無いです。

そこで使って欲しいのが「アイロンスチーマー」です。こちらを使ってハンガーにかかったジャケットとスラックスに蒸気を吹きかけるだけで、軽いシワや臭いは解消されます。。

他には「衣類用シワ取りスプレー」を使用する方法もあります。こちらは消臭効果がついているものを一つ購入しておけばさっと使えて便利なので一本は持っておきたいです。

それでもどうしても匂いやシワが取れない時はクリーニングに出すのがスーツの状態を考えると最適解と言えます。

最後に

最後に
ビジネスマンにとって身なりで最も大事なのはスーツですが、ちゃんとした手入れをしなかったら、なぜか形が崩れてしまっていたり、すぐ痛んでしまったりしてします。

そうならないためにも是非この記事を参考にしてスーツをしっかりとした手入れを行って美しくスーツを長持ちさせてください。

関連記事