2019-12-10

【第二弾ロングセラー】加熱式たばこ「glo」を紹介


2019年現在、全国で禁煙化が進んでいる中加熱式たばこが普及してきています。その中で全国展開されている加熱式たばこは、12種類ほどあります。ユーザーにとっては選択肢が多く嬉しい反面、たくさんの種類があるので、機種選びの難しさは極まっている状況です。

そして今回は、人気の加熱式たばこの1つである「glo」について紹介していきたいと思います。

加熱式たばことは

加熱式たばこは、紙巻きたばこのようにたばこ葉に直接火をつけるのではなく、たばこ葉に熱を加えてニコチンを発生させる仕組みです。煙が出ない代わりに、たばこ葉に含まれたグリセリン類によって蒸気を発生させて煙の代替とするのが基本です。

これにより、物を燃やす時に発生するタールの量が9割以上減り、人体への悪影響が低減できると言われています。

なお、加熱式たばこは税金がかかっている立派な「たばこ」であり、日本で流通しているノンニコチン、ノンタールの「電子たばこ(VAPE)」とは全く別物であるということは覚えていきたいとこです。

加熱式たばこの種類は2種類ある

加熱式たばこは、加熱温度によって大きく2種類に分けられています。

1 「アイコス」(約300〜350℃)、「グロー・センス」を除く「グロー」(約240℃)「プルーム・エス」(約200℃)のような高温加熱式。

2 「プルーム・テック」(約30℃)、「プルーム・テック+」(約40℃)、「グロー・センス」(温度非公表)が採用している低温加熱式。

基本的には、高温加熱式のほうが喫味は強くなり、ニオイも強いです。低温加熱式は喫味が弱くな半面、ニオイが限りなく少なくなるというメリットがあります。

“コンパクトで使いやすい”と評判の加熱式たばこ「glo」

前回は「iQOS」について書いていきましたが今回は何かと話題になる「glo」について書いていきます。

「glo」のなかにもいまでは最新型がどんどんと登場いており、その中でも今回は最新型の「グロー・プロ」「グロー・ナノ」についてまとめていきたいと思います。

IH採用で吸いごたえを調整できる「グロー・プロ」

グロー・プロ」の特徴は、これまでのデバイスに採用していた小さなヒーターによる加熱から、シリーズで初めてIHを採用した誘導加熱方式に変更したことにより、加熱速度が上がりました。IHを採用したことによって、たばこ葉だけを正確に早く加熱することができるようになったため、より深く豊かな味わいを楽しめるということになりました。

さらに、「通常モード」と吸いごたえを高めることができる「ブーストモード」という2つの加熱モードを搭載し、気分に合わせた使い方ができるというようになっています。

「グロー・プロ」は約90分で充電が完了し、満充電から役20回使用できるようになっています。通常モードは約20秒で加熱が完了し、約4分間喫煙できます。ブーストモードでは、約10秒で加熱が完了し、約3分間喫煙できます。

ブーストモード時の加熱温度は「グローシリーズ2」(240°)よりも高い約280°となっています。

メーカー希望小売販売価格は4980円で10月3日より、全国のグローストアとグローオンラインストア、ならびにコンビニエンスストアを含む10都道府県の主要たばこ取引店にて先行販売しております。

グロー史上もっともコンパクトで連続使用が可能となった「グロー・ナノ」

「グロー・ナノ」は、グロー史上最小のデバイスです。「グローシリーズ2ミニ」よりも約25g軽く、手にぴったり収まるサイズ感ながら、10回連続使用できるのが特徴です。連続使用回数はシリーズの中でもっとも少ないが、その代わり充電時間はシリーズの中でもっとも短く、約60分に短縮されています。

メーカー希望小売価格は3980円で「グロー・プロ」よりも1000円安くなっています。

どっちがオススメ??

「喫味が強いデバイスが良い」という人にとっては、これまで第一選択枠となっていたのは「アイコス」だったが、「グロー・プロ」のブーストモードはかなりその喫味の強さに肉薄する仕上がりになりました。その分、「グロー」としては匂いも強くなってしまうが、「ネオ」ブランドのネオスティックを使用することで、同シリーズ史上最高の強い味を楽しめます。

また、せっかちな人にとって、10秒起動はかなり魅力的に感じました。3分の喫煙時間で強い味わいを楽しみたいチェーン気味の人にはうってつけです。

いっぽう「グロー・ナノ」はより気軽に喫煙したい人に最適なデバイスとなっています。最近はたばこを吸える機会も少なく、時間や吸える場所があればすかさず吸いたくなるものだが、そんな時はこうしたデバイスの方が向いているのではないでしょうか。

まとめ

今回は最新の「グロー」についてまとめていきました。

加熱式タバコが流行っている中、どのようなものを選べばいいかわからないかたはこの記事を読んで参考にしてみてはいかがでしょうか?

新しいものが増える前に、自分に合うものをしっかり選んで無駄な買い物が増えないようにしていきましょう。

関連記事