2019-11-10

【ロングセラー】加熱式たばこ「iQOS」を紹介

2019年現在、全国で禁煙化が進んでいる中加熱式たばこが普及してきています。その中で全国展開されている加熱式たばこは、12種類ほどあります。ユーザーにとっては選択肢が多く嬉しい反面、たくさんの種類があるので、機種選びの難しさは極まっている状況です。

そして今回は、人気の加熱式たばこの1つである「iQOS」について紹介していきたいと思います。

加熱式たばことは

加熱式たばこは、紙巻きたばこのようにたばこ葉に直接火をつけるのではなく、たばこ葉に熱を加えてニコチンを発生させる仕組みです。煙が出ない代わりに、たばこ葉に含まれたグリセリン類によって蒸気を発生させて煙の代替とするのが基本です。

これにより、物を燃やす時に発生するタールの量が9割以上減り、人体への悪影響が低減できると言われています。

なお、加熱式たばこは税金がかかっている立派な「たばこ」であり、日本で流通しているノンニコチン、ノンタールの「電子たばこ(VAPE)」とは全く別物であるということは覚えていきたいとこです。

加熱式たばこの種類は2種類ある

加熱式たばこは、加熱温度によって大きく2種類に分けられています。

1 「アイコス」(約300〜350℃)、「グロー・センス」を除く「グロー」(約240℃)「プルーム・エス」(約200℃)のような高温加熱式。

2 「プルーム・テック」(約30℃)、「プルーム・テック+」(約40℃)、「グロー・センス」(温度非公表)が採用している低温加熱式。

基本的には、高温加熱式のほうが喫味は強くなり、ニオイも強いです。低温加熱式は喫味が弱くな半面、ニオイが限りなく少なくなるというメリットがあります。

紙巻きたばこユーザーも一緒に愛用してる“たばこ感最強”「アイコス(iQOS)」

「アイコス臭」と呼ばれる独特の酸味ある臭気は感じるものの、喫煙者が吸って1番違和感の少ないのが「アイコス」です。喫味の強さはNo. 1と言われています。デバイスの無料レンタルサービスや、月額プランもあるなど、他の2社にはないサービスを行なっているところも特徴と言えるでしょう。

2019年9月に2本連続喫煙が可能な「アイコス 3 デュオ(IQOS 3 DUO)」が発売され、現在はバッテリー一体型で10本連続喫煙可能な「アイコス 3 マルチ(IQOS 3 MULTI)」、従来機「アイコス 2.4 プラス(IQOS 2.4 Plus)」と合わせて3機種展開となっています。(「アイコス 3 デュオ」の発売にともない、「アイコス 3」は在庫がなくなり次第終売)。

「アイコス」の喫味が強いのは、本体またはホルダーに内蔵された加熱プレートに専用の「ヒートスティック」をさして、内側からたばこ葉を直接加熱する中心加熱方式だからです。加熱温度も300〜−350℃と全機種の中で最高となっています。

ただその分、ニオイもきついのが、最大の弱みとなっているでしょう。

コスパが良い「ヒーツ」とは

現在「アイコス」には2銘柄のヒートスティックが存在する。「マルボーロ」と、「アイコス」のために開発された銘柄「ヒーツ」は前述のアイコス臭が抑えられているほか、価格は520円(税込)の「マルボーロ」より50円安い470円(税込)となっています。

iQOS 3

iQOS 3

1万980円

チャージャーとホルダーからなる新型です。チャージャーはサイドオーニングシステムを採用し、堅牢性を確保しました。充電にはUSB-C端子を用います。

ホルダーの充電が従来より40秒高速化しました。チャージャーはフル充電で約20本分喫煙できます。

↑チャージャーは、電源オンオフや充電状況確認などに使うボタンを装備。クリーニングボタンは廃止になりました。

iQOS 3 Multi

iQOS 3 Multi

8980円

連続使用が可能になったオールインワンタイプ。本機と直接ヒートスティックを挿入して利用します。フル充電なら10本まで続けて喫煙が可能です。充電端子は上記と同じで、USB-Cでモバイルバッテリーなどでも充電できます。質量はわずか約50gです。

↑ヒートスティック差し込み口には回転式のシャッターを用意。閉じているときは電源が入らない仕組みです。

アイコス3とアイコス3Multiの比較

製品名 IQOS 3 IQOS 3 Multi
加熱温度 高温
服数(約) 14服または6分間
連続使用(最大) 不可 10本
使用前加熱 約20秒 約20秒
充電時間  約120分(ホルダーは約3分) 約75分
サイズ W46.3×H114.7×D22.3㎜(チャージャー)、φ14.4×H92.3㎜(ホルダー) W25.4×H119.3×D15.1mm
質量 約125g(ホルダー込) 約50g
リフィル価格 470円~500円(20本入)
デバイス価格 1万980円 8980円

 

まとめ

iQOSの紹介いかがだったでしょうか。ビジネスマンとしてもタバコの匂いがスーツにつかないという点で利用者が増加傾向のようです。

今後別の加熱式たばこの紹介もしていきますので是非そちらも参考に加熱式たばこ選びをしてみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です