2019-10-28

ビジネスマンが重要視するタバココミュニケーションについて

近年では、禁煙ブームとなっており多くの飲食店が禁煙になったり、喫煙者にとっては居心地の悪い環境となっている。

タバコをやめていく人は徐々に増えていく傾向があり、たばこ業界の売り上げは格段に下がっていることはJTのデータを見ると一目です。

ビジネスマンは愛煙家の方が多く、20代後半になってからタバコを吸う人がいたりも。その理由は、タバコにより喫煙室でコミュニケーションがとられていることが多いからだ。

この喫煙室で、違う部署の人間と出会うことがあったり、仕事をとることができたりなど、多くのメリットに繋がることがある。この記事では、禁煙ブームが進んでいく中で、ビジネスマンにおける喫煙の実態について考察していく。

タバココミュニケーションによる効果

①情報交換の場所として有効的

→喫煙所には多くの人間が集まってくるので、そこで他の部署に所属している方と情報を交換することができる。また、他の部署の人間と関わることで、新たな知識が身についたり、仕事の効率化に繋がることもあります。

その他にもタバコ休憩では、上司と一緒になることも多く、仕事の悩みなどをそこで相談することで、簡単に解決できるなんてことも。

②新たな人間関係が築けたり、人間関係が深まったりもする

→先ほど説明したように、タバコ休憩には他の部署の人間が多く訪れるので、新たな人間観権を築くことができると言う点では素敵なものだとも考えられる。

また、仕事に関係なくプライベートのことを話すことも多く、そこで信頼関係を深めることに繋がる。

喫煙率と問題視されていること

世間では禁煙ブームとなっており、20代の喫煙率が最近では初めて3割を切ったことが話題になっている。それでも、約3~4人に1人はタバコを吸っているということに繋がる。例えば、200人の会社があるとすれば、約60人程度が喫煙者となる。

そして多くの会社で問題となっていることが、「タバコ休憩」だ。タバコを吸うためにデスクを離れることは暗黙の了解とされ許されているが、非喫煙者がコーヒーを飲んでいたりすると、同じ時間なのにも、上司から注意を受けたりもする。

非喫煙者にとってはこれはストレスに感じることであり、大きな問題となっている。大切なことは喫煙者がどれだけ非喫煙者に気を使えるかということ。タバコ休憩の間にもまじめに働いている非喫煙者は大きな不満となるので、彼らへの気遣いは重要である。

非喫煙者の休憩に対して寛容に捉えることができなくては彼らの不満は高まる一方となり、タバコ休憩に対する不満がより一層大きくなることだろう。

2020年には禁煙がより進められる

2020年には、多くのお店が禁煙店とならなければいけないと法律で決められており、現時点から禁煙を徹底している店舗は売り上げがかなり下がっていたり、顧客が離れてしまったなんて話も良く聞くようになりました。

キャバクラやホスト、パチンコ屋や麻雀店などの娯楽店舗も来年には禁煙店にしなければいけないと法律で決められてしまったため、喫煙者にとってはかなり居心地の悪くなることが予想されています。

飲食店は未来的に見れば、喫煙者はかなり減ると思われる統計が出ているので、禁煙店のほうが売り上げアップに繋がるかも知れませんが、現在では、タバコを吸うことができないことで顧客が離れてしまうことが問題視されています。

禁煙店にしたことで、売上アップに繋がった店舗もある

人気チェーン店、串カツ田中が全面禁煙体制を整えたのち、売り上げはどのように変わったのかというデータを公表した。

そのデータでは、「客単価は減ってしまったが、売上は上昇」という結果となった。禁煙店となり、離れてしまった顧客も多いが、その分ファミリー層を獲得する結果に繋がったという。

会社員の男性グループでの顧客が減ったことで、客単価が下がってしまったことが課題にはなってきているが、多くのファミリー層を獲得することで補填は効いているし、売上がアップしているのでむしろプラスであると言えるだろう。

また、パチンコ店が禁煙店となったときに、たくさんの顧客が流れてしまい、結局喫煙店に戻したなんて話も聞いたことがある。

しかし、2020年にはどのお店も法律で喫煙ができなくなってしまうので、こういった娯楽業界がどのような施策をするのかは見どころだ。

まとめ

この記事では、ビジネスマンの喫煙事情について考察していき、非喫煙者の不満や禁煙ブームの裏ではどんなことが起こっているのかということを説明していきました。

タバコを吸うことは個人の自由ですが、大切なことは非喫煙者を気遣うということです。

喫煙者の方であれば、タバコが規制されているこの時代に居心地の悪さを感じていると思う。現状でも約3割の方が喫煙をしているので、辛い思いはあると思いますが、これから先、ますます禁煙ブームとなっていくことは確実でです。時代の流れに乗って禁煙するというのも一つの手段であると言えます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です